長崎市東部(東長崎)の不動産のことならお任せ下さい!

東長崎地区について

長崎市の東部「東長崎地区」は、市中心部より東方約11キロメートルに位置し、古くは長崎と江戸を結ぶ長崎街道(現国道34号)の宿場町として栄え、今日では長崎の東の玄関口として交通の要衝となっています。

長崎市中心部との交通の便は日見峠があるため容易ではありませんが、日見峠を抜けると比較的平坦な土地が広がり、長崎市中心部に比べ土地・家賃なども安く静かな環境のため、長崎市のベッドタウンとしてマンション等の開発も活発な新興住宅地です。

現在、長崎市のまちづくり整備事業として東長崎土地区画整理事業が進行中であり、幹線道路・公共施設・住環境の整備が図られています。

賃貸物件(新着順)すべての物件を見る